辻堂の家

ガルバリウム鋼板横葺の外壁で覆われたシンプルかつローコストな家。
(AA STUDIO「建築家と話そう」のサービスを利用して完成に至った家です)

mizuguchi-tujido-675

■家づくりの経緯
AA STUDIOの「建築家と話そう」の私(水口)の当番日の御相談にお越し頂いた建て主さん御一家。まだ若い御夫婦と元気盛りの男の子3人の5人家族。藤沢市で最近は商業地域として発展している辻堂に土地を購入されたばかりで、新しい家のプランをどうしたらよいかという相談でした。できれば建築家による設計で家を建てたいのだけれども予算も限られているので果たしてそれが可能かどうかを知りたいということでした。不動産屋からの販売用の建物プランも見せてもらいながらその場でこの土地の利点(2面道路や日当たり)を活かしつつ、ローコストでなるべく大きな家をラフスケッチにて提案させて頂き、それをかなり気に入られたようでしたので2、3週間後に再度もう少しちゃんとしたプレゼンテーションで提案させて頂くことになり、その後順調に設計契約を交わして頂くこととなりました。

提案の主旨としては駐車スペース1台と自転車5台分の駐輪スペースを確保しながら、なるべく無駄なく空間を利用できるプランとするために玄関や階段は建物中央にまとめ、2階は南北に長い土地の長さをそのまま活かして南北の対角線にテラスを2つ設ける案でロフト付きのプランでした。早い段階からローコストの得意な工務店を特命で指定して実施設計を進め、一度詳細見積もりを取ったところどうしても予算をオーバーしてしまうので、建物の奥行き長さを少し縮小し、ロフトも中止するという減額案にて対応させて頂くことで金額調整し、工事契約~着工へと無事進めることが出来ました。工事は順調で減額のために内装の塗装なども建て主さんにて行ってもらうことになっていたのですが、奥様が以前建築を学ばれていたということもあって驚くほどきれいな仕上がりで完成し、入居後はお気に入りの雑貨やインテリアに囲まれてつつ楽しみながら生活して頂けているそうです。

■コンセプト
南北に細長い敷地で南と西の2面道路に面する角地に計画した夫婦+子供3人のための家。建物は敷地を目一杯活かした細長い箱型の建物で外壁は耐久性が高く、コーナーの納まりがきれいなガルバリウム鋼板の横葺で仕上げました。1階には夫婦の寝室と男の子3人兄弟の共用の子供部屋と水廻り、2階には高天井のLDと、テラスに対して対面する少し変わったキッチンを設けています。庭はほとんど取れませんが2階に設けた南北2つのテラスによってプライバシーを保ちつつ半屋外での生活が可能としています。

mizuguchi-tujido-690

南側外観。当面は自家用車を持たないという予定でしたが将来用の駐車スペースを1台分設けています。外壁はローコストかつ耐久性の高い素材として、ガルリウム鋼板を採用しました。オイスターグレー色の横葺(180x1820mm)として、メンテナンスフリーな金属素材だけれども少し優しい雰囲気が感じられるようにしました。2階にはテラスが2か所、1階の窓庇で囲まれた窓には布団干し用のバーを設けています。

mizuguchi-tujido-696

敷地は南と西の2面道路に面します。元の広い敷地が2分して販売された土地ですが既存の敷地の地盤が道路より80センチほど高かったために、隣に先に完成した家と同じように、コスト削減のため土を掘削するのは最小限にとどめて基礎は高基礎としています。

mizuguchi-tujido-723

2階の一部外壁には杉板を張ることで立面を整理しています。敷地は準防火地域のためアルミサッシの大きさやガラス種に制約をうけますが、眺望を重視する2階東南の大きな窓はスチールのはめ殺し窓を組み合わせて設け、ガラスも網を入れなくてよい防火ガラスを使用しています。

mizuguchi-tujido-726

玄関は西側の道路側の面のほぼ中央に設け、ポーチ内の階段を5段上がって玄関へとアプローチします。準防火地域ですが延焼ラインを免れることで玄関ドアは施主支給の真鍮取手つきの木製の引戸としています。階段は墨入りモルタルの金ゴテ押え。建て主さんの御要望で玄関灯は真鍮製の船舶照明を採用しました。

mizuguchi-tujido-810

1階主寝室。壁と天井はアクセント色の黄色が鮮やかなポーターズペイントを建て主さん自ら塗って頂きました。床のフローリングのワックスも建て主さんにて塗っています。

mizuguchi-tujido-828

1階の子供部屋。3人の男兄弟共用の大部屋ですが、将来的には3部屋にも仕切れるように窓や照明の位置は配慮しています。初期からの建て主さんの御要望でハンモックも掛られるようにしました。

mizuguchi-tujido-837

子供部屋は青をアクセントとしたポーターズペイント塗。

mizuguchi-tujido-840

家具や雑貨類は建築、インテリア好きでセンスの素晴らしい奥様が全てコーディネートしたものです。

mizuguchi-tujido-849

浴室はいわゆる普通の1坪サイズのユニットバス。洗面器は壁掛式、鏡は既製品のユニットを使用しています。

mizuguchi-tujido-855

2階のLD。天井高さは3mあります。当初の設計ではロフトも設けていましたが予算調整のため急きょロフトは中止としてその代わりLDの天井の高さはなるべく高く確保しています。

mizuguchi-tujido-870

工事中の高天井を見た御主人の御要望で、吊輪を2本吊れるように天井の梁にフックを設けました。天井にはLDを一部仕切って来客の宿泊などにも対応できるようにとカーテンレールも埋め込んでいます。

mizuguchi-tujido-876

LDは南側にはあえて窓を設けず見通しの良い西向きに大きな窓を設けました。東側には物干しのためのテラスを設けています。2階は正面のチャコールグレーの壁のみポーターズペイント塗でその他はビニールクロス張です。

mizuguchi-tujido-882

LDとは少し距離をおいて設けたコの字型のキッチン。L型のシステムキッチンと造作家具とを組み合わせています。正面のタイルは別件の建物を見て奥様が気に入って指定された75角のタイル。

mizuguchi-tujido-897

対面キッチンの向こう側はテラスとなっていて、テラスから見るとちょっとした屋台のカウンターのようにも見えます。このテラスでの食事も良くされているそうです。

■計画概要
場  所:神奈川県藤沢市
設計監理:水口 裕之/水口建築デザイン室
用  途:住宅
家族構成:夫婦+子供3人
敷地面積:96.47㎡(29.18坪)
延床面積:101.44㎡(30.68坪)
構  造:木造2階建
竣工年月:2015年7月